新潟県内の介護施設一覧

新潟県内の介護施設情報

デイサービスセンターゆうばえ

新潟県新潟市西区


デイサービスセンターゆうばえ

施設紹介目次


施設情報

デイサービスセンターゆうばえの特徴


ポイント1

「自分の時間を自分で作 る」1日のメニューは自 分で決めます。
デイサービスに来るとまずは1日のメ ニュー決めから始まる。メニューは複 数の体操プログラムの他、日替わり メニューの中から調理やネイル、足 湯、脳トレなど好きな物を自分で選 ぶ。「常に新しいメニューを考案しな がら、ご利用者の『自分時間』をコー ディネートします(」管理者)。

ポイント2

「好きなとき」に「好きな こと」ができる環境を作 ります。
おやつは好きなときに好きな物を購 入することができる。併設のフリード リンクコーナーではコーヒーやココ アなど、数種類を用意して常時喫茶 タイムを過ごせる。孫へのお土産や、 自宅でのお茶菓子用にと購入する利 用者もおり、人気のサービスとなって いる。

ポイント3

「できる」を奪いません。 「やってみたい」をサ ポート
お茶出し、配膳、下足、片付けなどで きるだけ自分のことを自身の力ででき るように環境を整え、スタッフがサ ポートしている。「デイサービスは自 宅での生活をサポートする場所で す。ご利用者の在宅生活を基本に考 えて、私たちはお手伝いをしていきま す(」管理者)。

施設の分類・種類 介護保険事業所 通所介護
施設名 デイサービスセンターゆうばえ
所在地 〒950-2172
新潟県新潟市西区内野上新町11810番地3
電話番号 025-264-5777
FAX番号
運営事業社名(運営主体) 社会福祉法人ゆうえい会

取材レポート

在宅ケアセンターゆうばえ(※1)、ケアハウスゆうばえの里を運営する社会福祉法人ゆうえい会は、2003年7月25日に法人を設立。その原動力となった特定非営利活動法人新潟西地区夕映えの会は、2000年2月17日に法人設立された。法人の設立目的として、新潟市の西地区及び近隣町村に住む高齢者、身体障害者などが自立して生活していけるための支援などの事業を行い、また安心して暮らせる住みよい町づくりの推進に関する事業も行い、地域社会の医療、福祉活動の増進に寄与することとし、現在の社会福祉法人ゆうえい会に引き継がれている。
※1 在宅ケアセンターゆうばえの主な事業
生活支援サービス、配食サービス、通所介護、訪問介護、居宅介護支援、訪問看護

在宅ケアセンターゆうばえ

ケアハウス・ショートステイゆうばえの里

デイサービス送迎

ケアハウス・ショートステイ玄関口

夕映えの会副会長でもある「ケアハウスゆうばえの里」久住施設長に法人の設立からこれからの活動について伺った。「地域住民の皆さんと夕映えの会とで作り上げた10年来の住民運動は、医療と福祉の充実した安心して暮らせる町づくりを大きな目的としてきました。運動は『在宅ケアセンターゆうばえ』として実をむすび新しい住民福祉のよりどころが産声を上げました。『住み慣れた町並み・暮らし慣れたご家庭で家族とともに暮らしたい』という人生の先輩として、我々後輩達に貴重な知恵や経験・地域の習慣を伝える場で、輝く地域の宝でいてもらいたいと思っています。在宅ケアセンターゆうばえは、そんな在宅での暮らしを応援するだけでなく人生の夕映えどきに輝く事をサポートする新しい福祉施設としてこれからもチャレンジして行きたいと考えています」と笑顔で語ってくれた。

ケアハウス久住施設長(右)

事務所内に掲示社会福祉法人ゆうえい会理念

夕映えの会設立に尽力されたデイ利用者桑原さん

デイサービスセンターゆうばえ

「自宅にいるように気ままに過ごしたい」「リハビリで元気な頃の生活を取り戻したい」「ご家庭での介護からひととき開放されたい」。デイサービスセンターゆうばえは、高齢者とご家庭の介護者のそんな思いをしっかり受けとめて、利用者の居心地の良い場所を提供。そして同一敷地内にある居宅介護支援事業所、訪問介護、訪問看護、ショートステイサービス、配食サービス、生活支援サービスもあるので、在宅での生活をして行く上でデイサービスをきっかけに様々な相談ごとにも対応してもらえると言う大きな利点がある。

吹き抜けの玄関は明るく気持ち良い

元気いっぱいのデイサービススタッフ

大きなテーブルを囲んで食事やレクを楽しむ

利用者と談笑する関谷施設長(写真右)

サービス内容と特徴について、鷲尾生活相談員に伺った。「送迎サービスは、新潟交通のOBスタッフが多数勤務し安全運転がモットーです。入浴は、広い浴槽でのんびりできる一般入浴と、体の不自由な方も安心して入れる特殊浴槽、一人でゆっくり入浴したいという方向けに個浴も用意しています。機能訓練・リハビリテーションは、グループで行う体操と看護師が個別にリハビリを行う個別機能訓練があります。食事は、管理栄養士が献立を作成し、好みに応じた食事を提供しています。元々宅配弁当のボランティア団体から施設が立ち上がってきた伝統があり、とてもこだわりのある食事を提供しています。レクリエーションは、毎日来ても飽きないように4日でローテーションを組んでいます。季節感のあるイベントレクリエーションやボランティアさんによる本格的なレクリエーションなど、利用者さんの満足度調査でも大変良い結果をいただいています」と元気一杯に話してくれた。

元気一杯の鷲尾相談員(写真中)

グループで行うリハビリテーション

人気の大浴槽での入浴

リクライニング車椅子で入浴できる浴槽

デイサービスセンターゆうばえは、定員35名で1月1日~1月2日を除く毎日営業。サービス提供時間は、午前9時30分~午後4時45分。利用料等は、介護保険制度による自己負担金(基本料金、加算料金の1割)食材料費550円、おむつ代実費。
詳細は基本データを参照。

入浴後整髪しながら談笑

健康に配慮された美味し食事を提供

休憩用に13台のベッドと布団を用意

元気を振り撒く笑顔美人のスタッフ

ケアハウスゆうばえの里

ケアハウスは、60歳以上の方で、自炊が困難な程度の身体機能の低下があり、高齢の為、独立して生活するには不安のある方が入居できる施設。ゆうばえの里は、定員20名で、居室は、全室個室でミニキッチン、トイレ、洗面、押入、バルコニー、物干しが設備。その他食堂、談話室、娯楽室、大浴場、洗濯室、私物庫が設備されている。日常生活上の支援が必要になった場合は、併設されている「在宅ケアセンターゆうばえ」のサービスやボランティア(有償)も利用できるので安心だ。

廊下にはベンチがあり利用者交流が促進

各階にあるリビングルーム

とても明るくて綺麗な食堂

創立2周年記念 鯛飯御膳

手作り作品を持って笑顔いっぱい

大浴場「ゆうばえの湯」

ゆっくり足を伸ばして入浴

訪問介護を利用して個浴でのんびり入浴

ケアハウスゆうばえの里で開催される行事は多彩。映画鑑賞会、ゆうばえ喫茶、買い物ツアーは月に2回開催。入居者同士の懇談会(各階、全体)、健康チェック、は月に1回。クラブ活動は、ぬりえ教室、脳トレ教室、書道教室、おりがみクラブと無理なく続けられるようにこちらも月に1回開催されている。そして月ごとに行われる行事も楽しみの一つ。1月新年会、2月節分、3月ひな祭り、4月花見(新川)、5月佐潟散策、6月上堰潟散策(あじさい)、2周年祭、8月花火・ビアガーデン、9月ゆうばえ祭り、敬老祭、10月運動会、11月紅葉ドライブ、12月クリスマス会と毎月利用者全員で楽しめる行事も開催される。

紙相撲 ゆうばえ場所

隣の小学校へお花見散歩

運動会

ゆうばえ祭り(ボランティアさん出し物)

ケアハウスゆうばえの里の利用料金は、収入に応じて、国で定められた基準に基づき支払う「サービスの提供に要する費用」が10,000円~128,900円。それ以外の生活費44,810円、居住に要する費用35,500円が掛かり、合計90,310円~209,210円となる。その他自室の電気料、電話、介護サービス費用は個人負担となる。詳細は基本データを参照。

大型の私物庫を個別に用意

居室入口付近

ベッドもゆったり入る居室

洗面台

ミニキッチン

手すり付きのトイレ

転職サポートに関するコンテンツ

私たちが、あなたの希望・適性に合う就職先探しをサポートします。

 

介護業界歴10年以上のプロがあなたをサポート

転職支援サービスに申し込む(無料)
転職支援サービスに
申し込む(無料)
電話から申し込む
(平日 9:30~18:00)