新潟県内の介護施設一覧
施設の求人情報

ほがらか福祉園 トゥインクル・Beトゥインクル

新潟県新潟市東区


個々の個性に応じ、いろいろな作業及び行事等を展開しサポートすることにより、社会生活能力の向上を図るとともに人間性を豊かにし、生きる喜びを充実できるよう支援します。

個々の個性に応じ、いろいろな作業及び行事等を展開しサポートすることにより、社会生活能力の向上を図るとともに人間性を豊かにし、生きる喜びを充実できるよう支援します。

施設情報

ほがらか福祉園 トゥインクル・Beトゥインクルの特徴


ポイント1

チューター制による手厚いサポートやスキルアップを目的とした施設内外での研修など、働くスタッフの教育・研修に力を入れています!

ポイント2

介護施設未経験の方でもご活躍いただけるような体制を整えています

ポイント3

「人間を大切にすることがすべての根源である」という基本理念のもと、私たち「亀田郷芦沼会」は利用者様やそこで働くスタッフたちと向き合い、より分かり合える関係づくりを目指しています。

施設の分類・種類 その他 その他
施設名 ほがらか福祉園 トゥインクル・Beトゥインクル
所在地 〒950-0893
新潟県新潟市東区はなみずき2-3-7
運営事業社名(運営主体) 社会福祉法人亀田郷芦沼会

取材レポート

法人紹介

基本理念は「人間を大切にすることがすべての根元である」です。この『人間』はご利用者様はもちろんですが、職員に対しても向けられています。一人一人が末永く安心して働いて頂けるよう法人運営をしております。

 

スタッフの声

未経験でも丁寧に指導をしてもらえて、夜勤もお仕事がしっかりできるようになってから入るのでとても安心です。介護士と看護師のチームワークがとても良く職種の垣根がないので、とても働きやすい環境です。

 

働きたいと思える環境作りポイント7


ポイント1 職場の人間関係を良くするために 人間関係良好。離職率8.3%!

令和2年度の法人全体の離職率は8.3%となっており、これは各職場の人間関係が良好な事の証です。年1回のストレスチェックの実施をはじめ、不安や悩みがあれば産業医の個別面談を受けることが出来ます。

 

ポイント2 新人職員へのサポート体制 チューター制度で、新卒・未経験者でも安心!

新入職員集合研修をはじめ、経験の少ない新卒や中途職員の様々な不安を解消する目的で、チューター(世話役)制度を採用しています。希望する職員は動画研修を受講することもできます。

 

ポイント3 中堅・ベテランスタッフへのサポート体制 法人内外の研修で刺激をもらえる!

2年前に研修制度を見直し、それぞれの立場や役割に応じた階層別研修を実施しております。また外部研修や法人内研修に参加する事で、積極的なスキルアップを目指すことができます。

 

ポイント4 資格取得支援 8種類の資格取得補助金あり!

実務者研修・社会福祉主事、喀痰吸引等研修などの受講費用半額補助をはじめ、介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・調理師の受験費用全額補助があり、働きながら安心して資格を取得することができます。

 

ポイント5 結婚、出産、妊娠、育児のサポート体制 産前産後休暇がそれぞれ8週間!

法人や互助会からの各種祝い金のほか、産休が産前8週産後8週と長いことが特徴です。また育休の取得率や育児時短を使いながらの復帰率が100%です。木戸病院内の託児所『いちご畑』も割引料金で利用できます。

 

ポイント6 給与面で工夫している点 異業種の方も歓迎!これまでの職歴考慮します^^

基本給は福祉業界以外の経験も含めた職歴を考慮の上、決定しています。処遇改善手当は月額21,000円を支給。住宅手当・扶養手当・通勤手当は国公準拠の為、対象者はメリットが大きいです。

 

ポイント7 休日面で工夫している点 年間休日121日!その他休暇あり☆

年間休日121日+リフレッシュ休暇4日で、職員の都合に合わせ希望休も取得できます。有給休暇は6ヶ月経過後10~15日付与、翌4月1日には16日付与されます。有休が『時間単位』で使用できるのも特徴です。

介護ブロガーのチェック!!


良い点①「自分で選ぶことを大切に」

事前にHPで情報をチェックしていた学生の目に留まったのは、季節ごとの行事として行われている「デザートバイキング」。なんと芦沼会では昭和59年に既にバイキング形式の食事を取り入れていたのだそうです。実際は利用者さんご自身で食事を選びとることができなくても、スタッフがお料理のところまでお連れして、「選ぶ」というプロセスを一緒に楽しんでいるのだそうです。自分で選択をする、ということをとても大切にしているということがわかるお話でした。

 

良い点②「自由な雰囲気」

学生は介護施設での実習を重ねてきましたが、今回ご利用者さんたちが過ごすフロアにお邪魔し、そこでの光景が実習で見慣れていたものとはずいぶん違うことに驚いていました。写真撮影をしている私たちにフレンドリーに話しかけて下さる方、洗濯物を畳みながらおしゃべりされている方々、何やら話し込んでいるおふたりなどなど。自由な雰囲気がとても印象的でした。自由に自分の過ごし方を選べる空間とはどのようなものか、肌で感じることができる貴重な体験になったようです。

 

良い点③「電子化で教え合う関係性」

こちらの施設では、3年程前から介護記録のiPadによる電子化を導入しているとのことでした。機械が苦手な職員さんにとっては負担に感じるという訴えが多く電子化が進まない事業所もあるように聞きますが、こちらではツールに強い若い職員さんが、苦手なベテランの職員さんに教えるという姿がよく見られるようになったそうです。教え、教えられるという役割を固定化しないことが、職場のコミュニケーションを良好にするヒントになりそうです。

 

【課題目標】

亀田郷芦沼会設立40周年記念誌「こもれ陽」には、実現したい地域の未来予想図「あしぬま夢マップ」が楽しいイラストで掲載されています。日常の中で多世代がわくわくしながら交流できるアイデアに、学生たちは目を輝かせ、こんなことできたらいいですね!とさらに夢を膨らませていました。実現できるかどうかは置いといて、こんな社会を実現させたい!こうなったらいいな!という妄想を語り合う関係性のある職場に学生たちを送りたいと心から思いました。

 

 

社会福祉法人亀田郷芦沼会インスタグラム

https://www.instagram.com/otamachii/?hl=ja

 

近隣の同じ種類の介護施設

転職サポートに関するコンテンツ

介護のお役立ちコンテンツ

「月刊新潟Komachi」の転職サービスだから地元新潟に強い!
介護の実務をよく知る「介護業界の専門家」が無料サポート。

 

介護業界歴10年以上のプロがあなたをサポート

無料転職サポートに申し込む
無料転職サポート
に申し込む
中途採用をご検討中の企業・ご担当者様へ
Loading...