新潟県内の介護施設一覧

ケアライフ訪問看護リハビリステーション の求人情報

ケアライフ訪問看護リハビリステーション

新潟県新潟市西区


施設情報

施設の分類・種類 介護保険事業所 訪問看護
施設名 ケアライフ訪問看護リハビリステーション
所在地 〒950-2026
新潟県新潟市西区小針6丁目6番6号福舞ビル102
運営事業社名(運営主体) 株式会社ケアライフ新潟

取材レポート

法人紹介

利用者の心身の状況や家庭環境等を踏まえ、関係する市町村や事業者、地域の保健・医療・福祉サービス等と綿密な連携を図りながら、利用者の要介護状態の軽減や悪化の防止、もしくは要介護状態となることの予防のため、適切なサービスの提供に努めています。

スタッフの声

看護、介護、リハビリのスタッフがすぐ近くにいてくれるおかげでいつでも相談しあえる、安心できる環境が整った会社です。事務所は”心の休憩”をするために「帰ってきたくなる場所」でアットホームな雰囲気にあふれています。

働きたいと思える環境作りポイント7


ポイント1 職場の人間関係を良くするために

訪問の仕事でスタッフ同士直接会って話す時間が限られるためコミュニケーションを大切にしています。メールでの情報共有化、スタッフ同士でランチに出かけたり、飲みに行ったり、お仕事の話以外でもかかわりが持てる楽しい職場です。

ポイント2 新人職員へのサポート体制

入社してから仕事に慣れるまではマンツーマンで同行し、しっかりとサポートします。初心者からスタートしているスタッフがほとんどですので、気持ちの理解もあり、フォローアップ体制はバッチリです。

ポイント3 中堅・ベテランスタッフへのサポート体制

1番のポイントとしては、各業種のスタッフがお互いにフォローをしながら足りない知識を補っていけるところです。また、一部Eラーニングの実施も取り入れていたりその他研修や講習会も積極的に参加してます。

ポイント4 資格取得支援

訪問介護は、介護職員初任者研修や実務者研修の取得サポートを積極的に行います。さらなるステップアップを目指し、介護福祉士の資格取得もサポートしていきたいと思っています。

ポイント5 結婚、出産、妊娠、育児のサポート体制

アットホームな職場なので、全員で一人をサポートできるように常日頃から情報共有をしています。「平日に休みがとりやすく、3人子供がいても、正社員のまま希望の休日をすべてかなえてもらえる職場です。」(スタッフさんの声)

ポイント6 給与面で工夫している点

訪問看護のオンコール手当がとっても手厚いです。(1回3000円何もなくても月に10回)+対応が必要な場合は別途手当の支給あります。小さい会社ですが、スタッフ一人ひとりの家庭状況に合わせてできる限りのことは致します。

ポイント7 休日面で工夫している点

担当制をとっておらず、シフトの急な変更にも臨機応変に対応できます。イレギュラーな予定変更や想定外の場においても、相談のしやすい雰囲気づくり、体制がきちんと整っていることは大事なことですね。

介護ブロガーのチェック!!


介護ブロガーのチェック さくら福祉カレッジ新潟港 認定講師 三方憲子さん

良い点① 在籍スタッフの職種がスゴイ!

こちらは、訪問看護・訪問介護が一体となった事業所で、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士と在籍している業種が医療機関並み!サービスは違いますが、ちょっとした疑問や問題点のアドバイスがハードルゼロで聞けるという利用者様にも働くスタッフにも高メリットの事業所です。例えば、コロナウイルス流行時にはすぐに看護職が訪問介護スタッフに感染対策を伝授。物資の不足時も看護師の知識と経験を生かしたアドバイスがもらえたといいます。

 

良い点② 相互協力・連携がスゴイ!

事業所にスタッフ全員を招集することが難しいため、情報共有や月一回のミーティングをとても大事にしています。仕事の狭間に和やかなランチミーティングを開催し、円滑な人間関係・業務提供を工夫されています。また、「休み確保・働きやすさ重視・子育て支援」がモットーで「残業ゼロ」「タブレット記録で直帰可」「子育て男性も休暇推奨」と家庭とプライベートの両立を叶えやすい職場環境を構築されています。

 

良い点③ 地域との結びつきがスゴイ!

月数回、地域包括支援センター主催の介護予防教室にボランティアで介護予防体操を行っています。ケアスタッフを身近に感じていただきながらケアマネや行政とのネットワーク構築に大きく貢献されています!また、事業所所在の町内には単独世帯が200世帯ほどあり、声がけの訪問を実施されています。主に町内会の集会や体操教室に参加されない方を対象に「顔馴染み」の関係づくりに励んでいられます。

 

課題・目標 Webツールを有効活用した情報共有

訪問介護、訪問看護ともに土・日稼働しているため、事業所にスタッフを集めるのがなかなか困難なこと、訪問先から直帰するため、スタッフ同士の日々の情報共有が課題となっています。メールや電話では伝えにくいニュアンスがあることや相手の理解度を確認しにくい等、情報共有の問題点はWebツールを有効活用して解決することを模索中です。

 

転職サポートに関するコンテンツ

「月刊新潟Komachi」の転職サービスだから地元新潟に強い!
介護の実務をよく知る「介護業界の専門家」が無料サポート。

 

介護業界歴10年以上のプロがあなたをサポート

無料転職サポートに申し込む
無料転職サポートに申し込む